ED(勃起不全)治療

ED治療勃起機能不全

ED治療(勃起機能不全)

EDは男性の性機能障害です。
EDは加齢による老化や糖尿病などの基礎疾患が関係しますが、60歳代では約半数の方がEDを経験しています。
最近では、若い方も増えていますが、それは複雑な現代社会が生むストレス、不規則な生活などが原因していると言われています。

ED複合治療メニュー

ED治療は、再生医療も加わって複数の治療メニューから選べます。

治療の最終目標

新しいED複合治療では、ED薬に加えて、陰茎機能の回復治療を組み合わせます。
ED薬に頼らない状態まで回復する。重度EDの方は、ED薬にしっかり反応できる状態まで回復する。

(1)ED治療薬

勃起を抑制する酵素の働きを阻害することで勃起力を増したり持続させる効果がある薬剤を使用します。

(2)RENOVA-ED治療 (低衝撃波治療)

ED治療機RENOVAから発する低衝撃波を陰茎に照射し、新たな毛細血管を産生させる根本治療です。

(3)SGF-ED治療(幹細胞培養上清エキス治療)

勃起に関わっている陰茎海綿体の古い内皮細胞を再生させる根本治療です。

(4)NBF治療(ニューロフィードバック)

精神的ストレスが原因の「心因性ED」に対するストレス改善治療です。

(5)ホルモン治療

特に高齢者における男性ホルモン低下に起因するED対象のホルモン補充治療です。

(1)ED治療薬

バイアグラ など

EDの治療薬には、ファイザー製薬のバイアグラ、バイエル製薬のレビトラ、そして日本新薬社のシアリスがあります。
最近では、ジェネリック医薬品も発売されて種類が豊富になっています。
それぞれの薬剤には特徴がありますので、ご理解の上ご使用ください。
治療薬は服用後30分くらいから効果が現れます。
レビトラはバイアグラよりも効果が早く現れる特徴があります。
効果は服用後3時間~5時間持続します。シアリスの場合は3時間後から効果が現れ、約36時間持続します。

服用注意事項

  • 食後の服用は効果を半減しますので、原則として空腹時に服用してください。大量の飲酒も効果を減弱させます。
  • 治療薬の副作用としての報告は、顔のほてり、目の充血、頭痛、鼻づまりなどがありますが、通常は軽微で比較的早期に消失します。
  • 服用量は必ず厳守してください。

ED治療薬の服用できない方

  • ED治療薬の成分に対し過敏症がある方
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を服用中の方
  • 不整脈治療薬 塩酸アミオダロンを服用中の方
  • 重度の心血管系障害を有する方
  • 治療による管理が不十分な高血圧の方
  • 重度の肝機能障害のある方
  • 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にある方
  • 網膜色素変性症の方

ED治療薬が以前より効かなくなったと感じたことありませんか?

ED薬による治療は、陰茎海綿体の血管内皮細胞に働いて勃起を促す物質を分泌させます。
しかし、肝心の血管内皮細胞が老化で劣化すると、勃起物質が十分に分泌されなくなるので、以前より治療薬が効かないと感じるのです。
そんな時は、幹細胞培養上清液やRENOVA等による治療で老化した血管内皮細胞を再生修復して機能を回復させる治療が有効となります。

(2)RENOVA-ED治療 (低衝撃波治療)

世界中で広く行われているED治療法で、極低出力の衝撃波を陰茎に照射し新たな毛細血管を産生させる根本治療です。

RENOVA-ED治療 (低衝撃波治療)

RENOVAによる新血管生成メカニズム

加齢によって誰でも陰茎内血管の数が減り、その上に血管の機能低下も見られます。その結果勃起不全を来すようになります。

RENOVAはED治療専用の衝撃波治療機で低出力の衝撃波を陰茎海綿体に照射します。それによって陰茎の海綿体では血管をつくる細胞増殖因子が放出され、新血管の生成が行われます。血管の古い内皮細胞も再生していきます。
海綿体の機能が若返るとともに海綿体への血液流入が増加し勃起障害を改善へと導きます。

陰茎内血管の数が減少
照射前の血管
血管をつくる細胞増殖因子が放出され新血管の生成
照射後の血管

2013年にヨーロッパの泌尿器学会でED治療の第1選択に選ばれた治療法で、その後広くひろまり、欧米の研究でその効果や安全性が認められている治療法です。

RENOVA(レノーヴァ)の特徴

  • 血管性の勃起障害を改善
  • 治療時はハンドフリーで患者様のストレスを軽減
  • 薬に頼らずに根本原因の治療
  • 非侵襲性で痛みがなく麻酔不要
  • 副作用の報告なし
  • 治療回数が少なくて治療期間が短く改良

こんな方におすすめします

  • 持病でED薬が服用できない
  • ED治療薬があまり効かない
  • 根本的なED治療を受けたい方
  • ED治療薬の副作用が気になる方

RENOVA治療の実際

RENOVA治療の実際

陰茎幹と陰茎脚にジェルを塗布し、RENOVAから衝撃波の出るアプリケーターを軽く当てます。
陰茎部の4か所に衝撃波を与える治療です。約30分の治療時間で計4000発の衝撃波が照射されます。治療中に衝撃波による痛みは殆どありません。
副作用の報告もない安全で安心な治療方法です。

※施術後はそのままご帰宅いただけます。
※治療期間中も日常生活での制限はありません。

以前のED衝撃波機器は、9週間で12回の照射を必要としましたが、RENOVAでは計4回で終了し、短期間の治療となり、患者様のご負担が少なくなりました。

治療スケジュール

1週間に1回約30分間の治療です。
治療回数は1クールが4週間で、計4回行います。麻酔は不要です。

初日:診察・ホルモン検査、初回の治療(照射)

2週目:2回目治療(照射)

3週目:3回目治療(照射)

4週目:4回目治療(照射)

※高齢者の場合は、治療回数が2クールとなることもあります。

RENOVA-ED治療時に、同時にSGF-ED治療を併用するのが、最も効果があります。

RENOVA-ED治療 + SGF-ED治療

(3)SGF-ED治療(幹細胞培養上清エキス治療)

SGF-ED治療

勃起に重要な陰茎海綿体の老化した内皮細胞を再生させることで、EDの根本治療となる新しい治療法です。
幹細胞培養上清液には、幹細胞から分泌される数百種類のサイトカインや成長因子、ケモカイン、エクソソームなど多くの生理活性物質が含まれており、それによって海綿体の血管内皮細胞が修復再生されて、陰茎海綿体の機能が改善し勃起機能の回復が持続します。

こんな方におすすめします

  • 持病でED薬が服用できない
  • ED治療薬があまり効かなくなった
  • 根本的なED治療を受けたい方
  • ED治療薬の副作用が気になる方

SGF-ED治療の実際

(1)左右の陰茎海綿体に、計2ccの上清液を注射します。

(2)使用する注射針は32Gの超微細針なので痛みは軽微です。

(3)処置前に局部を冷却しますので、麻酔は不要です。

(4)通常の治療頻度は、週1回で計4回の治療(1クール)

ED治療 施術価格Treatment price

ED治療薬

先発品(いずれも厚生労働省承認薬)

ED治療薬 先発品 施術価格
バイアグラ(ファイザー) 50mg 1錠 ¥ 1,500.-
25mg 1錠 ¥ 1,300.-
レビトラ(バイエル) 20mg 1錠 ¥ 1,800.-
シアリス(日本新薬) 20mg 1錠 ¥ 1,900.-

※価格は全て税別です。

ジェネリック製品(いずれも厚生労働省承認薬)

ED治療薬 ジェネリック製品 施術価格
シルデナフィル(東亜)
バイアグラのジェネリック
水なしで服用(コーヒー味、レモン味)
50mg 1錠 ¥ 900.-
50mg(OD錠) 1錠 ¥ 1,100.-
バルデナフィル(サワイ)
レビトラのジェネリック
20mg 1錠 ¥ 1,600.-
10mg 1錠 ¥ 1,400.-
タダラフィル(ファイザー)
シアリスのジェネリック
20mg 1錠 ¥ 1,750.-
10mg 1錠 ¥ 1,550.-

※価格は全て税別です。

RENOVA-ED治療

RENOVA-ED治療 (低衝撃波治療) 施術価格
治療項目 プラン 治療回数 価格
RENOVA-ED治療 シングル 1回 ¥ 95,000.-
ハーフ 2回 ¥ 180,000.-
1クール 4回 ¥ 320,000.-
1.5クール 6回 ¥ 450,000.-
2クール 8回 ¥ 560,000.-
9回目以降 1回 ¥ 65,000.-
血液検査 男性ホルモン 1回 ¥ 3,000.-
ホルモン4種 1回 ¥ 12,000.-
ホルモン補充 男性ホルモン注射 1回 ¥ 5,500.-

※価格は全て税別です。

SGF-ED治療

SGF-ED治療(幹細胞培養上清エキス治療) 施術価格
治療項目 プラン 治療回数 2A使用 1A使用 RENOVA併用価格
2A併用 1A併用
幹細胞培養上清治療 シングル 1回 ¥ 95,000.- ¥ 50,000.- ¥ 70,000.- ¥ 35,000.-
ハーフ 2回 ¥ 180,000.- ¥ 90,000.- ¥ 130,000.- ¥ 65,000.-
1クール 4回 ¥ 320,000.- ¥ 160,000.- ¥ 240,000.- ¥ 120,000.-
1.5クール 6回 ¥ 450,000.- ¥ 228,000.- ¥ 330,000.- ¥ 165,000.-
2クール 8回 ¥ 560,000.- ¥ 280,000.- ¥ 400,000.- ¥ 200,000.-
9回目以降 1回 ¥ 70,000.- ¥ 35,000.- ¥ 50,000.- ¥ 25,000.-

※価格は全て税別です。

よくある質問Question

Q1 EDとは何ですか、その治療は相談できますか?

EDは性欲があるのに勃起しない状態です。その原因に心因的なことが大きいので、まだ男性ホルモンが低下していない若い男性にも見られます。
ED治療薬による治療だけに頼らずに、原因にあった治療を受けるのが正しい対処法です。
ぜひ、ご相談ください。

Q2 EDは男性ホルモン補充が効果ありますか?

男性更年期の原因としてのEDの場合は男性ホルモン補充で発汗やほてりだけでなくEDもよくなります。
まず、血液検査でホルモンが低下の有無を調べます。60歳以降の方にはホルモン補充がお勧めです。

Q3 男性にも更年期があるのでしょうか?

年齢とともに男性ホルモンが低下してホルモンバランスが崩れると自律神経のバランスに影響します。
その結果、急な汗、動悸やイライラ、うつ症状などの不定愁訴が現れます。これが男性の更年期障害です。
45歳と60歳前後に症状が現れることが多いので、症状のある方はホルモン検査をしましょう。

Q4 心筋梗塞などは、ずっとED薬使えませんか?

心筋梗塞に罹患したような場合は、少なくとも半年間は絶対にED薬は服用できません。
通常は其の後も心疾患の治療薬としてニトログリセリンなどの硝酸剤が処方されている場合が多いので、その場合はその後もED治療薬は使えなくなります

Q5 RENOVAはまだ若くても治療できますか?

30歳、40歳代のEDでは、通常RENOVA治療は必要ないと思います。
若い方は心因性のことが多いので、NBF治療 (ニューロフィードバック)がお勧めです。
未だ、日本では一般的な治療ではありませんが、米国では30年以上の歴史があるストレス治療に有効な非薬物性治療です。

Q6 RENOVA治療は4回で十分ですか?

欧米ではかなり普及した治療ですが、海綿体の血管に作用して根本的な治療になります。
RENOVA治療の1クールが4回治療ですが、これは回復への平均値で決まられた回数です。
高齢になると血管~内皮細胞の機能低下も進みますから、その場合は4回以上の回数が必要になる場合もあります。
また、かなりの改善後は、維持のための照射をお勧めします。

Q7 幹細胞培養上清エキス治療はどんな方に適してますか?

幹細胞培養上清エキス治療はRENOVA治療と治療目的が類似してますが、それだけに、RENOVA治療と併用して行うのが絶対のお勧めです。
また、もう少し軽いEDの方が元気を出すために、あるいはEDの進行を抑える予防目的で、気楽に治療を受けてください。
注入量の少ないものも選べます。

Q8 幹細胞培養上清エキス治療は痛みが心配です?

注射は痛いのではと心配されて当然です。
しかし、注射前に冷却し、注射針は32Gという極めて細い針を使用しますので、殆んど痛みを感じなかったと言われる方が多いですから、痛みに関してはあまりご心配にならなくて大丈夫です。

Q9 幹細胞培養上清エキス治療の持続期間は?

効果が2週間から3ヶ月と個人差があります。その時のEDの程度や治療を受けられる年齢などが関係しています。

ページのTOPへ移動します。