バイオ・ニューロフィードバック
- 脳機能能力(学習能力)アップ -

脳科学を活用した、NASAの宇宙飛行士も利用したニューロフィードバック

薬を飲んだり、運動をしなくても、うつやADHDの治療は可能になります。脳を鍛え、配線をし直すという古くて新しい概念の脳トレーニングADHD(注意欠陥・多動性障害)だけでなく、PTSD(心的外傷後ストレス障害)、不安、怒り、うつなどの症状を改善できるとして近年注目を浴びている。

ニューロフィードバック

バイオフィードバック・ニューロフィードバックとは?

最新脳科学と、最新生理学を応用し
脳機能自律神経機能高める治療法です
海外では、エレクトロニック禅として、注目を浴びています。

- 期待できる効果 -

自律神経失調症

対人恐怖症

過食・拒食症

勉強の効率をあげたい

会社に行きたくない

学校に行きたくない

こんな方におすすめRecommendation

  • ストレスが溜まりやすいなと感じる
  • 緊張しやすい性格だと思うかた
  • 疲れがとれにくいと感じる
  • マイナス思考に陥りやすいかた

みなさまのお悩みを改善できるかもしれません!

治療についてのお問合せ

少しでも気になった方はお気軽にご連絡ください。

お問合せ

高ストレス者診断テスト無料

11点以上のかたは高ストレス者の恐れがございます。

高ストレス者診断テスト

バイオフィードバック・ニューロフィードバックでは- Bio Feedback・Neuro Feedback -

脳波計や筋電計でストレス度を測定

脳波計や筋電計でストレス度を測定し
専門のセラピストがデータを読み解きながら、
自分のストレスがどこにあるのか知ることができます。

その人にあった呼吸法やトレーニングを指導します。For you

低周波治療器を使用し、セロトニンを誘発し
α波を増強させ睡眠導入を促すこともできるため、
クリニックに来院しなくても遠隔診療も可能になります。

その人にあった呼吸法やトレーニングを指導

「臨床心理士・認定心理士」に関する採用情報を追加いたしました。

2019年8月10日NEW

ストレス社会に多い、不眠症、うつ、不安症または、アスリートのパワートレーニングなどで効果が期待できる「バイオフィードバック・ニューロフィードバック」をアメリカから導入し、いち早く医療分野では疼痛の緩和などにも用いております。また、小児多動症や、自開症などの治療も積極的に行っていきます。
臨床心理士の方には、アシスタントから始めていただき、セラビストの補助、カウンセリングまで学ぶことが出来ます。
患者さんに寄り添つて、心と体のケアを提案していきたいという思いをお持ちの方は当院で実現してみませんか?
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

採用情報「臨床心理士・認定心理士」

ページのTOPへ移動します。