お電話でのご相談・お問い合せはこちら 0120-1222-48 10:00 -19:00( 土曜日 10:00 - 17:00 ) 日曜・祝祭日休診

毛髪ミネラル検査

毛髪ミネラル検査は、体内に蓄積している有害ミネラルの量を、少量の毛髪を分析検査することで推定する検査です。この検査で体内のミネラルバランスや、有害金属による汚染などを把握する事が出来ます。6種類の有害ミネラルの他に20種類の必須ミネラルを分析します。有害ミネラルとしては、水銀、鉛、アルミニウムなど数種類が知られています。近年の研究で、これらは極微量ずつ食物や水、空気などから、体に入り蓄積され、長年に亘り体の重要な組織、細胞を傷つけるために、多彩な症状や、病気の原因となることが明らかにされています。

毛髪ミネラル検査の手順

  1. 質問票の記載
  2. 毛髪を0.2g(約100本)をカット(分散してカットしますので髪型に影響しません)
  3. 質問票とカットした毛髪は専用の袋に入れ外部検査機関に送付
  4. 外部検査機関で検査(約2週間で結果報告)
  5. クリニックに結果報告書が送付される
  6. 患者様に、結果の説明と今後の方針を説明。(食事・栄養アドバイスによる体質改善とデトックス(排毒)治療)

毛髪ミネラル検査で分かる事

測定する元素は26種類

有害ミネラル 6元素
カドミウム、水銀、ヒ素、鉛、ベリリウム、アルミニウム
必須ミネラル 13元素
ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、セレン(セレニウム)、ヨウ素、クロム、モリブデン、マンガン、鉄、銅、亜鉛
参考ミネラル 7元素
バナジウム、コバルト、ニッケル、ゲルマニウム、リチウム、ホウ素、臭素

報告書には、あなたのミネラル年齢が記載されます。

毛髪ミネラル検査報告書人間の体内のミネラルは加齢に伴って水銀、鉛やカドミウムなどの有害ミネラルが増える一方で、カリウムやマグネシウム、鉄などの必須ミネラルは減る傾向にあります。
そこで毛髪ミネラル検査の結果から、特に年齢と相関するミネラルをピックアップして、一定の計算式から体内のミネラルバランスを「ミネラル年齢」として表現しています。さて、あなたのミネラル年齢はどうでしょう?

必須ミネラルの不足による症状

必須ミネラルの不足による症状
ナトリウム 頭痛・めまい・疲労感・筋力の低下など
カリウム 血圧が高くなる・脳卒中の危険が高くなる・手足のむくみなど
マグネシウム 集中力の低下・心臓発作をおこしやすい・手足のしびれなど
カルシウム イライラする・動脈硬化・高血圧になりやすい・心臓が弱るなど
クロム 高血圧・動脈硬化・糖尿病など
モリブデン 可能性のあるものでは貧血・疲労・尿代謝障害など
マンガン 疲れやすくなる・インスリン合成の低下など
神経過敏・思考能力低下・感染症にかかりやすくなるなど
髪がちぢれる・白髪になる・慢性リウマチなど
亜鉛 髪が抜け、はげやすい・情緒不安定・味覚障害・肌荒れなど
リン 歯槽膿漏になりやすい・筋力の低下・腎臓結石など
セレン 髪が抜ける・白内障にかかりやすくなる・発がんのリスクが高まるなど

有害ミネラルによる症状

有害ミネラルによる症状
アルミニウム 胃腸の炎症・肝機能障害・腎炎・皮膚炎・脳炎など
カドミウム 脱毛・貧血・食欲不振・疲労・血圧上昇など
水銀 うつ症状・皮膚炎・眠気・しびれ・情緒不安定など
不安感・うつ病・頭痛・めまい・不眠症など
ヒ素 感覚異常・頭痛・眠気・虚弱・筋肉萎縮など
ベリリウム 急性の食欲不振・呼吸困難・肉腫など

当院の研究ですでに約80%の人が有害ミネラルに汚染されています。

毛髪元素分析調査の結果有害ミネラル(鉛、水銀、カドミウム、ニッケル、アルミニウム)は、食物、水、排気ガス、日用品などから、体内にどんどん侵入しています。
地球環境の悪化で、有害ミネラル汚染は地球規模に広がっています。
身体に溜まった有害ミネラルは毒性があり、老化や、多くの病気の原因になっています。

身体に溜まった有害ミネラルは、毎日あなたの体を傷つけています。

それによって、病気を誘発し、老化も進行させます。

1:体内の多くの酵素活性を阻害して、細胞の代謝を低下させます。

  • タンパク質の合成分解障害 による老化進行
  • DNA合成障害、細胞代謝低下 による老化進行
  • 免疫機能低下 による病気の誘発

2:活性酸素の増加で細胞や染色体を酸化しキズつけます。

  • 発癌(がん)を誘発
  • 細胞の変性、壊死 による老化進行

自閉症スペクトラムの子どもたちは毛髪中亜鉛が低レベル!

「ら・べるびぃ株式会社」の研究発表がネイチャー・WEBジャーナルに論文として掲載されました。

※SCIECTIFIC REPORTSはネイチャー(Nature Publishing Groupe)が運営するWEBジャーナルです。
以下で全文をご覧いただけます。
http://www.nature.com/srep/2011/111103/srep00129/pdf/srep00129.pdf

内容は全文英文ですが日本語の概要は次の通りです。

幼児期亜鉛欠乏:自閉症スペクトラム障害との関連

要旨:
自閉症の病態解明と治療法の開発は喫緊の課題のひとつである。本研究では、1,967名の自閉症児(男児1,553名、女児414名)を対象として、毛髪亜鉛濃度を調べたところ、亜鉛欠乏と自閉症との関連性が示された。
自閉症児の毛髪亜鉛濃度は全般に低く、584名(29.7%)が統計的に異常に低い亜鉛濃度を示した。
この中でも0~3歳の自閉症児群の亜鉛欠乏は、43.5%(男児)と52.5%(女児)であった。
これらの結果から、幼児期の亜鉛欠乏が後天的に自閉症の病因に関わる可能性が示唆され、栄養学的なアプローチが自閉症の治療・発症予防への新たな道を拓くかもしれない。

毛髪ミネラル検査 施術価格

毛髪ミネラル検査 施術価格
毛髪ミネラル検査 1検体 ¥ 10,000.-

※価格は全て税別です。

ら・べるびぃ TIME(お客様の声)第52号 2012年7月

※検査を受けられたお客様の個人の感想です。

ミネラルのバランスを

体内のミネラルバランスを知りたかったので、ネット検索で毛髪ミネラル検査を見つけました。自分の体内に、こんなにも"ヒ素"が多いとは思いませんでした。また、カルシウム・マグネシウムは、もう少し多いと思っていました。日頃の食生活と照らし合わせて、合致する点があったので、結果には納得です。今後は、ミネラルバランスが良くなるような食事を摂っていきたいです。

静岡県N様40代(男性)

体調とミネラルの関連性を

日頃気になっている体調と、ミネラルの関連性を知りたかった事と、また、現在の食事の問題点を探りたかったので検査を受けました。
ベジタリアンで、野菜や果物を丸ごとたくさん食べているので、ヒ素の数値が高かったのでは?と思いました。
また、足りていると思っていたミネラルが不足していたのは驚きました。
検査を受け、食事の影響について、改めて実感させられました。
これからは、農薬をできるだけ避け、足りないミネラルの補給を考えたいです。専門的なアドバイスも受けてみたいですね。

静岡県N様40代(女性)

肌荒れの根本原因を探して

肌荒れ・腫れで皮フ科にかかり、根本的原因を探し出して、身体を治すべきと言われ、検査を受けました。
3回検査を受けていますが、未だに肌の調子が良くなりません。結局、食事の見直しとサプリメントの摂取でも、肌が治らず、逆に全身に広がったため、医者を変えました。
医者を変えたので、現在、食生活のアドバイスも受けていません。"ら・べるびぃ"の電話カウンセリングを受けてみたいと思っています。

大阪府D様30代(女性)

思っていたよりも蓄積

有害ミネラルがどの程度蓄積されているのかを知りたくて、検査を受けました。思っていたよりも、有害ミネラルが蓄積されていました。歯に銀色の詰め物が多いので、水銀が蓄積しているのか不安でしたが、意外と低かったです。有害ミネラルの高レベルは、そのまま対処せずにいると、どうなるのか知りたいです。

東京都O様30代(女性)

発達障害があるので

子供に発達障害があるので検査を受けてみました。
結果は、ヒ素の数値が高くて驚きました。これからは、積極的に食事やサプリメントの摂取で、ミネラルのバランスを取ろうと思います。また、少しでも障害を軽くするためには、どうしたら良いのか、電話カウンセリングにて教えていただきたいです。

三重県S様8歳男児のご家族

健康を得るために

健康を得るため検査を受けています。血液検査ではカリウムが不足だったのに、毛髪ミネラル検査では、カリウムの値が高かった。毛髪ミネラル検査は、あくまでも排泄値であることだと納得しました。
無農薬野菜とか有機農法などに疑問を持っているので、サプリメントなどの摂取でミネラルを調整して、少し時間をおいて、再度検査を受けてみます。野菜などは、もちろん、普通に農薬を使った物にします。
以前、電話カウンセリングを受けましたが、私の場合は、役に立ちませんでした。

新潟県T様60代(女性)

栄養状態を知るため

2回目の検査です。今回は自分の栄養状態を知りたかったので、受けてみました。
前回よりも、全体的に有害ミネラルは減っていましたが、銅が前回同様に高かったので驚きました。銅は、亜鉛とのバランスが大切なようですが、バランスが悪いのでしょうか?
検査を受けたことによって、有害ミネラルの排出に効果的な食べ物の摂取を考えるようになりました。

大阪府H様40代(女性)

魚介類に水銀が多い?

ある本を読んで、毛髪ミネラル検査を受けることが可能だと分かり、検査を受けました。有害ミネラルが高レベルだったことに驚き、どうしてこんなに高いのか原因が分かりません。
電話相談で魚介類に水銀が多いと聞きました。魚介類は好きなのでショックです。今後、食生活を見直して再度検査を受けたいと思います。

石川県K様60代(女性)





Copyright (C) 2014 医療法人社団健若会 赤坂AAクリニック. All Rights Reserved.