PRP肌再生療法

PRP肌再生療法多血小板血漿療法

当院は、PRP肌再生治療に対して厚生局の承認を受けています。
再生医療等提供計画番号 PC3150675
厚生労働省認可 2015年12月18日

PRP肌再生療法

ご自身の血液から採取した有効成分(PRP)で老化した皮膚を若返らせる肌の再生療法です。顔の気になっている部位に注入して、真皮の線維芽細胞や表皮の表皮細胞の増生を促し、新しい若い細胞に取り変えて若返り肌をつくります。

ご自身の血液で作った自己多血小板血漿(PRP)を注入するので、感染やアレルギーの心配がなく、仕上りがとても自然な点が最大の特徴です。

最近、線維芽細胞成長因子を加えたPRP法が広まっていますが、線維芽細胞の過剰増生によって顔に瘤をつくる危険性があります。折角、自己血液を使う安全な治療が危険な治療になっているのです。当院のPRP再生療法は、線維芽細胞の過剰増生を抑制する因子も活性化しますのでバランスの良い、安全な肌再生が可能となります。

変形性膝関節症に対するPRP再生治療はコチラ

治療の流れTreatment Flow

STEP1
血液採取

STEP1 血液採取(20ml)

治療に必要な血液を20ml採血します。

STEP2
PRPの作製

STEP2 PRPの作製

遠心分離機にかけ多血小板血漿(PRP)を抽出します。同時に注入部位をクリーム麻酔します。

STEP3
PRP注入

STEP3 PRP注入

顔の気になっている部位に注入します。

PRP肌再生療法の特徴Feature

適応
肌の老化全般の改善(毎年1回の施療がお勧め)・たるみ(頬部、目の下、首、手背など)・小じわ(眼尻、口周囲、額、首、手背など)・法令線・くま・ニキビ肌・ニキビ痕
顔、首などの肌老化に効果的です。最も自然な仕上がりです。
治療時間
約60分。
ダウンタイム
ダウンタイム(治療に伴うダメージからの回復期間)は、約2日位です。施術の後お化粧をしてお帰りいただけます。

血液中に含まれる血小板の中に成長因子と呼ばれる特別な成分が多種類含まれています。この成長因子が老化した細胞(しわやたるみの原因)を若い細胞に再生し、再活性化します。これにより皮膚のしわやたるみを改善していく治療法です。

PRP肌再生療法 施術価格Treatment price

PRP肌再生療法 施術価格
PRP肌再生療法 目の下+目尻 1回 ¥ 70,000.-
法令線+口周囲 1回 ¥ 70,000.-
顔全体 1回 ¥ 100,000.-
首全体、又は両手背 1回 ¥ 100,000.-
幹細胞培養上清液パック 1回 ¥ 2,500.-
麻酔代金 クリーム麻酔 ¥ 1,000.- ~ ¥ 3,000.-

※価格は全て税別です。

PRP肌再生療法と併用することで、
PRPがより効果的になりますPRP施療後2ヶ月以内の限定特典

PRP肌再生療法と併用することで、PRPがより効果的になる療法・サプリメント 施術価格
トリニティプラス(IR) 2回 2ヶ月以内の限定特典 ¥ 50,000.- 
(通常 ¥ 70,000.-)
高性能イオン導入(VC) 2回 2ヶ月以内の限定特典 ¥ 6,000.- 
(通常 ¥ 12,000.-)
Dr's power シリカプレミアム 1箱 2ヶ月以内の限定特典 ¥ 12,800.- 
(通常 ¥ 16,000.-)

※価格は全て税別です。

PRP肌再生療法と併用することで、
PRPがより効果的になる療法のご紹介Recommended

PRP施療後2ヶ月以内の限定特典として、割安価格でご提供いたします。

トリニティプラス(RF+IR)

トリニティプラス(IR)

通常 ¥ 70,000.- /2回(35,000.- /1回) → 2ヶ月以内の限定特典 ¥ 50,000.- /2回

肌のはり、小じわやたるみの改善目的に用いられるトリニティープラスIRは、光(パルスライト/レーザー)と高周波(ラジオ波)のシナジー効果によって、肌の奥(真皮)のコラーゲンやエラスチンなどの線維に働きかけて、高い効果と安全性を実現する美肌治療です。
このトリニティープラスIR施療を、PRP治療後1月以内に行うとコラーゲンヤエラスチンの増生をさらに増幅する相乗効果が期待されます。

トリニティプラス(RF+IR)

高性能イオン導入

高性能イオン導入(VC)

通常 ¥ 12,000.- /2回(6,000.- /1回) → 2ヶ月以内の限定特典 ¥ 6,000.- /2回

コラーゲンの増生には、ビタミンCが必須の栄養素です。ビタミンCを微弱な電気とイオンの力で、必要としている真皮に効果的に浸透させる高性能イオン導入技術です。PRP治療後にビタミンCの導入は絶対にお勧めの施療です。

高性能イオン導入

サプリメントSupplement

Dr's power シリカプレミアム

Dr's power シリカプレミアム(ドクターズパワー シリカプレミアム)

通常 ¥ 16,000.- → 2ヶ月以内の限定特典 ¥ 12,800.-

コラーゲンの増生には、ビタミンCと並んでケイ素が絶対に必要であることは、意外に知られていません。そのケイ素は日本人の8割以上の人に欠乏しているという最新データもあります。完全無農薬で栽培した国産コシヒカリのもみ殻から抽出した「ケイ素」を、PRP施療直後のコラーゲン増生に大切な時期に是非摂取してください。

Dr's power シリカプレミアム

注意事項Notes

当日のアルコール摂取は控えてください。温浴(入浴)は控えてください。(当日はシャワーのみ)

血小板血漿の注入より多少の赤み・腫れがありますがメイクで隠せる程度のものです。2~3日でなくなります。また、注入した血小板血漿により顔の表情をつくる時に違和感を感じる方もいらっしゃいますが2~3日でなくなります。

施術を避けて頂きたい方

  • 妊娠中の方。
  • 小児。
  • 心臓病・脳梗塞の既往歴のある方。
  • 血液が固まりにくくなるお薬を内服している方。

※詳細については医師にお尋ねください。

よくある質問Question

Q 血液の中のどんな成分が効果があるんですか?

血液の中に含まれています血小板(けっしょうばん)と呼ばれる成分を利用します。血小板は人間の体の中で出血した血を止めたり、壊れた血管や細胞を治す働きをしています。

Q 血小板の何が効果があるのですか?

血小板の中には多種類の成長因子があります。これは体の細胞を増殖させて、若返らせる作用があります。ACR療法ではこれを直接利用します。

Q 成長因子がどんな風に体の細胞に働くんですか?

血小板が固まるときに出る成長因子が、直接弱った細胞の表面にくっついて刺激を与えます。そうすると弱った細胞がまるで馬にムチで刺激を与えると一生懸命走るように元気になり増殖したり若返ります。これを利用して顔の皮膚のシワ、たるみを改善し肌の表面の上皮細胞の若返りも図るのがACR療法です。

Q すぐに効果が出るんですか?

ヒアルロン酸やコラーゲンと違って、すぐには効果は出ません。

Q いつから効果が出るんですか?

通常は2週間から2ヶ月をかけて徐々に状態が改善していきます。

Q どうして時間がかかるのですか?

自分の細胞を元気にして若返りを図りますので、細胞が活性化されるまでの時間が必要になります。このために時間が少しかかります。ただ仕上がりはヒアルロン酸などより自然な感じになるのが特徴です。

Q 効果はどれくらい続くんですか?

新しい治療ですのではっきりしたことは言えませんが、1年以上は続くと報告されています。

Q 効果を長持ちさせる方法はありますか?

治療後に肌のケアとして、ビタミンCのイオン導入法や肌の細胞の老化を防ぐようなトリニティプラス(RF+IR)や発光ダイオードなどの治療を受けていただければ、ベストの状態を長く維持できると思います。詳しくは医師に確認していただければと思います。

Q 何回も注射しても問題ないですか?

何回も治療を受ける必要はありませんが受ける場合でもご自身の血液ですので特に問題はありません。

Q 2回目の治療を希望する場合は、どのくらいの期間空ければいいですか?

基本的には1ヶ月以上空けていただければ問題ありません。2回目の治療は更に効果的です。

Q 首や、ニキビ跡にも使えますか?

もちろん行なうことができます。しかも効果的です。

Q 年齢によって効果に差が無いですか?

基本的に血小板の働きが正常であれば、それほど大きな差はないと考えています。

Q この治療の歴史はどれくらいですか?

歯科での再生治療であるインプラントに同じ技術が使われて、10年弱が経過しています。ただ、皮膚の若返りへの応用は、1年程度です。

Q これまでに問題は無かったのですか?

今まではアレルギーなど問題になった症例はありません。

Q 海外で安全性を確かめられているのですか?

日本の厚生労働省の認定にあたるヨーロッパでのCEマークを取得しておりますので安全性は十分です。

Q ACRの治療を受けられないヒトはいますか?

妊婦の方、小児、心臓病、脳梗塞の既往のあるかた。肝臓の悪い方など、現在治療を要する方は治療を控えさせていただいております。ただし状態によっては治療が可能になる場合がございますので一度医師の診察を受けていただければ詳しいお話ができると思います。

Q 飲んではいけない薬はありますか?

血液が固まりにくくなるようなお薬を内服されている方は、効果が薄れますのでこの治療ができません。ただ一時的に中止していただくことによって治療は可能になりますが、ご自身で中止することは厳禁です。必ず主治医に相談の上、内服を中止するようにして下さい。

ページのTOPへ移動します。