施術一覧

施術ランキング BEST3

第1位
ボトックス注射

ボトックス注射

腋下のアポクリン汗線にボトックスを 注射することで、汗の分泌が抑制されて約4ヵ月から6ヶ月間は、ワキガや多汗症から解放されます。

詳細はコチラ

ワキガ・多汗症について

ワキガはワキにあるアポクリン腺から出た汗が細菌に分解され、なおかつエクリン腺から出た汗や皮脂腺から出た皮脂と混ざることで、強い臭いを出すようになる症状です。多汗症はワキガと混同されがちなところもありますが、ワキガとは別もの。特定の場面で大量の汗をかいてしまう症状を指します。

ワキガ・多汗症について

ワキガ・多汗症の種類と症状

ワキガ

ワキガは、汗腺であるアポクリン腺から分泌させる汗が細菌で分解されることにより、強い臭いを放つ疾患です。医学的には腋臭症と呼ばれます。本人に自覚がないこともあり、その場合は周囲の人とのコミュニケーションに影響を来したりすることもあります。また、色の淡い服を着ると、汗がシミとなって目立つこともあります。

多汗症

汗は通常、体温調節のために分泌するものです。ただ、体温調節に必要な量以上の汗をかいたり、日常生活に支障をきたすほどの汗をかいたりする症状を、多汗症といいます。ワキや手のひらなど特定の部分で発生する多汗症を局所性多汗症、全身で発生する全身多汗症があります。

ワキガ・多汗症で悩みやすい部分

ワキガ・多汗症で悩みやすい部分 ワキ
ワキ

ワキガ・多汗症の原因

アポクリン腺が出す汗は、それ自体はさほど臭いはありません。ただ、細菌によって分解されると独特の臭いを放つようになります。アポクリン腺自体はどんな人であっても持っているものですが、ワキガで悩む患者さんはアポクリン腺の密度が高く、また大きい傾向にあります。この体質は遺伝しやすいこともわかっています。 多汗症はエクリン腺から過剰に汗が放出される疾患で、交感神経の失調が指摘されています。

ワキガ・多汗症の原因

ワキガ・多汗症の予防

ワキガの場合、汗や細菌などを長時間付着させないようにすることである程度臭いを抑えることが可能です。ワキ毛を処理するのは効果的な方法のひとつ。また、殺菌作用を持つ市販の制汗剤をこまめに使うと、臭いを抑える効果が期待できます。ただし、使いすぎは汗腺をふさぐことにつながる可能性もあるので、正しい使用法を意識しましょう。 多汗症の場合は、発汗するときの不安や緊張を和らげることで改善することがあります。

ページのTOPへ移動します。