エイジングケアドック(安心コース)

エイジングケアドック(安心コース)の適応:
問診、血圧、血液生化学検査、尿一般、糖代謝、血管老化度、分子栄養バランス度、活性酸素(スポットケム)、ホルモン、腫瘍マーカー、尿中酸化ストレスマーカー検査 など

赤坂AAクリニックのエイジングケアドック(基本コース)に、さらに詳細な検査を加えた安心コースです。ホルモン、ビタミン、ミネラルなども詳細に調べることで、エイジングケアのための治療方針が決定されます。

エイジングケアドック(安心コース)の特徴

より高度な検査になります。

レドックス療法
レドックス療法
血圧脈波検査装置
血圧脈波検査装置
問診
血圧 血圧
血圧測定から生活習慣病などについて調べます。
血液生化学検査
血液から、肝機能ほか多数にわたって調べます。
尿一般 糖、蛋白など
尿中の糖、蛋白などを検査することで糖代謝や腎病変を調べます。
糖代謝 ヘモA1cなど
平均ブドウ糖濃度を評価し、糖尿病及び合併症リスクについて調べます。
血管老化度 血圧脈波検査
PWVとABIで測定し得られた波形から動脈硬化年齢を調べる検査です。
分子栄養バランス度検査 ビタミン、ミネラル、アミノ酸など
分子レベルでの栄養状態を調べ、必要なサプリメントがわかります。
活性酸素(スポットケム) 酸化ストレスなど
僅かな血液から酸化ストレスや抗酸化力について調べます。
ホルモン検査
エイジングケアに重要は4種類のホルモンについて検査します。
腫瘍マーカー AFPなど
腫瘍マーカー AFPでは肝臓がんのリスクについて調べます。
有害ミネラル検査(オリゴスキャン)
身体に蓄積された有害ミネラルである水銀や鉛などを検査します。従来の毛髪による間接的な検査でなく、直接手掌の皮膚を測定してデーターが得られる最新のオリゴスキャンを用いて検査します。
尿中酸化ストレスマーカー(8-OHdG)検査
活性酸素による組織傷害度は、老化や病気発症に関連しています。尿中の8-OHdGを測定し、遺伝子の障害度を測定して活性酸素による障害度を調べます。

オプション

生活習慣病遺伝子検査+運動&栄養療法プログラム
肥満や脂肪を重点的に検査するドックです。メタボリックが気になる方をサポートします。
内容:肥満遺伝子、メタボ、糖尿、高血圧、脂質代謝、心筋梗塞、脳梗塞、免疫力など。60種類(オプションもあります。)

エイジングケアドック(安心コース) 施術価格

エイジングケアドック(安心コース) 施術価格
エイジングケアドック(安心コース) 1回 ¥ 65,000.-
オプション
生活関連遺伝子解析+
運動&栄養療法プログラム
¥ 77,500.-

※価格は全て税別です。

ページのTOPへ移動します。