腸内フローラ検査(便) フローラチェック

腸内フローラ(腸内細菌叢)を理想的なバランスに整えることが、若さと健康維持に重要です。
早速、ご自身の腸内細菌叢の現状を知ることから始めましょう!

私達が健康に生きる為に、大切な「病気、健康、若さ、老化、寿命」といったキーワードに最も影響を与えているのが腸内フローラです。腸管フローラの健康度は、腸以外の多くの疾患にも関係することが明らかされつつあり、改めて腸内フローラ検査の重要性が、特に米国で注目されています。
フローラチェックでは、善玉菌、日和見菌、悪玉菌に属する菌の種類と比率を検査します。更に詳細な腸内環境の総合検査も提供しています。

腸内フローラ
腸内にはお花畑(フローラ)の如く細菌叢が敷き詰められていることから命名された。腸内フローラの細菌には、私たちが健康に生きる為に必要な様々な働きがあります。

検査の種類

フローラチェック
善玉菌・悪玉菌・日和見菌の種類とバランス
腸内環境検査
フローラチェックの外に、食物の分解・吸収機能、腸管の免疫、炎症の状態、膵臓酵素、pH、カンジタ菌・イースト菌などの有無、アレルギー原因因子など
代表的な腸内細菌
ビフィズス菌 善玉菌の代表。乳幼児期にはほぼ100%がこの菌です。
乳酸菌 これも善玉菌の代表です。ビフィズス菌とともに、腸内環境を整える働きがあると言われています。
バクテロイド ある条件下では悪さをする日和見(ひよりみ)菌。一番多い事も多々あります。
プレボテラ 聞き慣れない菌ですが、口腔内菌です。ある人では最優占種の場合もあります。
クロストリジウム ボツリヌス菌や破傷風菌が仲間のため「悪玉菌」と言われていますが、腸内では大事な働きも。宮入菌など整腸作用のある酒類もあります。
その他  

この様な症状のある方にお勧め

  • 慢性の下痢、慢性便秘、腹部膨満感、消化不良
  • 肥満、痩せ、ダイエット
  • 免疫低下、慢性感染症
  • 癌予防・治療
  • 過敏性腸症候群、クローン病、潰瘍性大腸炎
  • 大腸がん、大腸ポリープ
  • アレルギー疾患、アトピー性皮膚炎、自己免疫疾患
  • ADD/ADHD
  • うつ病、自閉症

その他の神経系障害など

※特に症状が無い方にもフローラチェックをお勧めします。
ご自身の腸内環境を知り、食生活、日常生活にお役立てください。

検査方法

  1. 1日の便採取(容器有り)
  2. 検体は、フローラチェックは日本のラボへ、詳細な検査はアメリカのラボへ送ります。検体提出後、約3週間で検査結果報告があります。
  3. 検査結果に基づいて、治療開始します。

検査結果

腸内環境検査 フローラチェック 検査結果表紙
腸内環境検査 フローラチェック 検査結果

腸内環境を悪化させる要因

  • 肉食中心の食事や栄養素の問題
  • ストレス、睡眠不足、運動不足
  • 自律神経障害
  • 化学物質、食品添加物
  • 抗生物質、ステロイドや抗がん剤など様々な薬剤

など。

治療方法

当クリニックでは、検査結果に基づいてコロンハイドロセラピー(腸内洗浄)を中心に、腸内を理想の細菌叢環境に近づける個別の複合治療処方を提案いたします。

  1. 栄養指導と生活指導
  2. サプリメント療法
  3. コロンハイドロセラピー(腸内洗浄)
  4. 腸内フローラ移植療法

腸内フローラ検査 施術価格

腸内フローラ検査 施術価格
腸内フローラ検査 フローラチェック ¥ 27,000.-

※価格は全て税別です。

ページのTOPへ移動します。