VISTA-Shapeの顔のしわへの"立体的"治療法

ビスタ・シェイプと一般的なボトックスの違い

ビスタ・シェイプと一般的なボトックスの違いは、しわのできた部分だけを患部と考えるか、老化した顔全体の立体的な構造変化を原因と考えるかという点です。従来のヒアルロン酸注射やポトックス注射は、深いしわの根本的な原因である、しわへともたれかかる真皮のたるみへの治療法ではありませんでした。

ビスタ・シェイプは顔全体を立体的に治療

ビスタ・シェイプは、目の下から口付近までを中心に少量ずつのヒアルロン酸を注入し、周囲の構造を立体的に改善しようという治療法です。顔全体の構造を立体的に改善することで、ほうれい線やマリオネットラインを含む顔全体の深いしわの改善が期待できます。

顔の老化を引き起こす加齢変化

VISTA-Shapeはクリニックの認定制度をとっています。

ビスタ・シェイプは、最小限のヒアルロン酸を適切に注入し、さらにボツリヌス治療を加えることによって最大限の治療効果を得ることを目的としています。このビスタ・シェイプは日本で唯一の製造販売承認を取得しているアラガン社の認定したクリニックのみで受けることが可能です。クリニックによっては非承認のヒアルロン酸やボツリヌス治療薬が用いられるケースもあります。重大な合併症や副作用などのトラブルを避けるためにも、赤坂AAクリニックをはじめとしたアラガン社の認定クリニックをお選びください。

VISTA-Shapeにおける注入エリア

どのエリアにどれだけの量のヒアルロン酸、ボツリヌスを注入するかは、施術を受ける人の下垂などの状態や骨格によって異なり、医師が全体的な判断行います。下図に示す各エリアに、個々の状態によって適切な量が注入され、全体量の目安は、重度の下垂のある人でシリンジ2本(1.6ml)、軽度から中程度の下垂のある人でシリンジ1本(0.8ml)になります。

VISTA-Shapeにおける注入エリア

こんな方にお勧め

  • 30~55歳くらい
  • ほうれい線が気になる
  • あごの下部分にしわ

実際には、医師が顔全体のアセスメントを行ったうえで、治療による効果が期待できると判断した場合に行います。まず、クリニックなどの医療機関へ行って、医師に相談することが必要です。

VISTA-Shape(ビスタシェイプ) 施術価格

VISTA-Shape(ビスタシェイプ) 施術価格
VISTA-Shape(ビスタシェイプ)
LIGHT 1回 ¥ 110,000.-
STANDERD 1回 ¥ 170,000.-

※価格は全て税別です。

ページのTOPへ移動します。