更年期障害について

「更年期」とは、閉経前後の45歳~55歳の10年間を指す言葉です。女性は通常、女性ホルモンの働きによって排卵や月経をコントロールしたり、健康を維持したりしています。ただ、閉経の前後(50歳前後)になると女性ホルモンは次第に減少します。それに体が伴わないことで自律神経の調節が難しくなったり、不調を引き起こしたりするのが更年期障害です。

更年期障害について

更年期障害の種類と症状

自律神経失調症状

自律神経の調整がうまくいかないことで起こる症状です。のぼせや動悸、発汗などの血管運動神経症状、胸の痛みや息苦しさを覚える胸部症状、疲れやすくめまいがする、肩こりや頭痛が続くといった全身的症状が中心です。

精神的な症状

日によって出方にムラがあり、自分ではなかなかコントロールしにくい症状です。落ち込みや不安、不眠、やる気がでない、イライラするといった心理状況に陥ることが多く見られます。

その他の症状

更年期障害になると、前進に不快な症状が現れる人が多いようです。むくみやしびれ、腰痛など体に影響が出たり、食欲不振や腹痛など消化器に現れる症状、頻尿や排尿障害、性交障害など泌尿器や生殖器に影響を及ぼす症状など、人によってさまざまで一定ではありません。

更年期障害の原因

女性の心身を司る女性ホルモン・エストロゲンは、脳の指令によって卵巣から分泌されます。ただ、年齢を経て卵巣がエストロゲンを十分に分泌できなくなると、脳がいくら指令を出してもエストロゲンは増えず、ホルモンや自律神経のバランスは次第にバランスを失っていきます。これが更年期障害特有の不快症状につながるのです。

更年期障害の仕組み
更年期障害の仕組み

更年期障害からくる不快症状の予防

基本的には加齢によるものなので、無理をせずうまく付き合っていくことが大切になります。つらいときは横になって休む、ゆっくりとお風呂に浸かって血行を良くするなど、自分なりの工夫をしてみると良いでしょう。ただ、頭痛や腰痛、動悸といった症状には重篤な病気が隠れているケースもあります。おかしいと思ったら、迷わず医師の診断を仰ぐことをお勧めします。

ページのTOPへ移動します。