高血圧について

高血圧は、血管に過度な圧力がかかっている状態です。
自覚症状はほとんどなく、また日常生活に支障もないため、健康診断などで指摘されて初めて気づく人も多いようです。ただ、放っておくと動脈硬化、そして狭心症、心筋梗塞、脳梗塞など、さまざまな疾患を引き起こすことがわかっています。

高血圧について

高血圧の種類と症状

続発性高血圧(二次性高血圧)

病気が原因で起こる高血圧です。発症は多くが30代以前で、高血圧に悩む方のうち、約10%がこの続発性高血圧に該当します。高血圧というよりも、高血圧の原因である病気を治療することが高血圧の改善につながります。

本態性高血圧

原因となる病気やホルモンの異常などがないにも関わらず、慢性的に血圧が高い状態になるのが本態性高血圧です。高血圧に悩む方のうち、約90%が本態性高血圧です。発症は多くが40代以降で、原因がなかなか特定できないのも大きな特徴です。体質のほか、塩分の摂りすぎなど食生活、生活習慣、ストレス、肥満、運動不足などさまざまな要因が複雑に絡み合って起こるため、原因の特定は困難です。

高血圧の原因

実は、高血圧症の9割以上は、まだはっきりと原因がわかっていません。遺伝による体質やストレス、肥満、環境、食生活、喫煙習慣、ストレスなどさまざまなこと複雑に絡み合って発症するとされています。残り1割は心臓や腎臓、副腎などの病変が原因となって起こります。

高血圧の予防

高血圧は生活に配慮し、うまく付き合って合併症を防ぐことが大切です。禁煙をし、塩分の高い食事を控えて規則正しい生活を送るなど、生活習慣を整えるよう意識しましょう。適度な運動も重要で肥満予防にも効果的ですが、すでに高血圧の症状がある人は重量挙げなどいきむ運動は避けたほうが良いでしょう。日常生活で重い物を持ち上げる際も注意してください。

ページのTOPへ移動します。