動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・狭心症・脳出血とは

心筋梗塞と脳梗塞の原因は、動脈硬化症です。血管が硬くなると、血管内腔が狭くなるため、血流量が減少して心臓に負担をかけます。また、血管の内側にコレステロールが溜まりコブのようなものができ、血液を詰まらせて他の臓器に影響を与えることもあります。その結果、心筋梗塞や脳梗塞が起きるのです。日本人の死因の3割は動脈硬化が原因となり起こる疾患です。

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・狭心症・脳出血とは

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・狭心症・脳出血の症状

動脈硬化

文字通り、動脈が硬くなることです。血管は硬化することによって狭くなり、血流によって酸素や栄養を臓器に届けるという本来の役割を十分に果たせなくなります。血管の内側にコブのようなものができて詰まることで、臓器を壊死させることも。また、血管そのものももろくなり、破れやすくなります。

心筋梗塞

虚血性心疾患のうちのひとつです。内臓脂肪の蓄積や代謝機能の低下が起こると大動脈などに動脈硬化が見られるようになります。これが進行すると、心臓の血管が硬化して狭窄し、やがて心筋梗塞につながります。

脳梗塞

脳の血管が詰まったり、狭窄を起こしたりすることで起こる症状です。血管が詰まると、脳が必要とする酸素や栄養分が送られなくなるため、一定時間続くと脳細胞が壊死してしまいます。原因の一つとして、脳の血管が動脈硬化を起こしている場合が多く、血液がドロドロの状態が重なると危険度が増します。

狭心症

狭心症は、胸の痛みや圧迫感などの症状を発作的に起こす病気です。そのメカニズムは、心臓に酸素や栄養を送る冠動脈の異常(動脈硬化、攣縮など)による一過性の心筋の虚血です。狭心症がエスカレートして長時間続くと、心筋が壊死し、心筋梗塞を引き起こすことがあります。

脳出血

高血圧が原因で起こる脳出血が最も多く、全体の70%を占めます。動脈硬化を基盤として症状がおこり、これに伴ってできる小さな血管のこぶ(動脈瘤)の破裂が脳出血の原因となる場合があります。

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・狭心症・脳出血の原因

心筋梗塞と脳梗塞の原因となるのは動脈硬化症なので、動脈硬化の原因を知ることが大切です。 動脈硬化は非常に多くの原因が関係していることがわかっています。家族に冠動脈疾患がある方はリスクが高まります。糖尿病や高血圧、慢性腎臓病似かかっている場合や、LDLコレステロール値が高い場合も注意が必要です。生活習慣では、喫煙がリスクを高めることがわかっています。

老化の原因
メタボリックシンドロームの病態

動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・狭心症・脳出血の予防

健康診断などでメタボリック・シンドロームを指摘されている場合は、まずはダイエットから始めましょう。規則正しい食事に加え、アルコールはほどほどに。血流を良くするため、定期的な有酸素運動も取り入れたいところです。また、ストレスをためないよう適度にリフレッシュすると良いでしょう。そして、程よい体重を心がけて、食事は腹8分~腹7分におさえるようにしましょう。

ページのTOPへ移動します。