アレルギー・アトピー・喘息について

多くの方は子どもの頃から症状をお持ちですが、アレルギーなどは大人になってからも急に症状が現れることがあります。当院にいらっしゃるお客様の中でも、病院へ通って薬をもらっても、なかなか根本的な改善ができなかったという方が多くいらっしゃいます。

アレルギー・アトピー・喘息について

アレルギー・アトピー・喘息の種類と症状

アレルギー

体の免疫反応が、特定のものに対して過剰に起こっている状態です。湿疹などの皮膚症状、腹痛や吐き気などの消化器症状、くしゃみや鼻水などの呼吸器症状、頭痛やけいれんなどの神経症状、アナフィキラシーなどの全身症状などとなって現れます。食物アレルギーのほか、金属アレルギーや花粉症といった、食物由来ではないアレルギー症状もあります。

アトピー

アレルギーの一種で、皮膚の炎症を伴う過敏症の一種をアトピー性皮膚炎といいます。慢性的にかゆみや湿疹、皮膚の乾燥などといった症状が続き、皮膚が厚くなったり、厚くなったりすることもあります。発疹は関節周辺や背中、お腹、顔などに現れることが大半です。医学的根拠のない治療法も広く出回っており、改善に至らず辛さを抱え続ける患者さまもいらっしゃいます。

喘息

アレルギーの一種で、発作が起きると、咳が止まらなくなったり、呼吸が苦しくなったりといった辛い症状を引き起こすのが喘息です。喘息を持つ人の気道には常に炎症が起こっており、わずかな刺激でも気道閉塞が起こってしまいます。季節の変わり目や台風が近づいたときなどに起こりやすい症状でもあります。

アレルギー・アトピー・喘息の原因

紫外線が色素形成細胞(メラノサイト)に刺激を与え、メラニン色素を作り出します。有害な紫外線が真皮より深くまで届かぬよう、人間が身体を守るためのメカニズムなのです。その防御手段としてのメラニン色素が長い年月を経て蓄積し、あるとき突然に目立って感じてしまうものがシミと呼ばれているものの大半です。

アレルギー・アトピー・喘息の原因

アレルギー・アトピー・喘息の予防

まずはアレルゲンに近寄らないことが一番ですが、規則正しい睡眠や食事のバランスなど生活リズムに配慮して、免疫力を高めることも大切です。美容内科を利用して、定期的にメンテナンスをするのも良いでしょう。

ページのTOPへ移動します。