血液フォトセラピー(血液紫外線照射療法)

血液フォトセラピー(血液紫外線照射療法)の適応:
免疫強化、デトックス効果、抗酸化力強化などのエイジングケア効果
疾患:肺がん、大腸がん、乳がんなど各種のがん・気管支喘息・細菌感染症・ウイルス感染症・うつ病や片頭痛など

血液フォトセラピー(血液紫外線照射療法)
血液フォトセラピー(血液紫外線照射療法)施術風景

血液フォトセラピーは、血液クレンジングと同様に、ドイツ、イタリアなどのヨーロッパ諸国で盛んですが、アメリカやロシアでも盛んに行われています。この治療は長い医学研究と臨床治療の歴史があり、安全性も確立しています。

当院の紫外線発生器は、UVB(315~280nm)とUVC (280 nm 未満)の2種類を使用しているために、作用が顕著で高い効果が得られます。実際の治療時間は、通常の機器使用では5分程度で終わりますが、当院の血液フォトセラピーは、約20~30分治療いたします。

最初に約50mlの血液を採血し100mlの生食水と混ぜ、それに2種類の紫外線を照射しながら、体に点滴で戻す治療法です。
紫外線によって活性化された血液は、体内の血液、さらに身体の細胞を活性化し、エイジングケア効果をあらわすだけでなく、各種の疾患に治療効果を発揮します。

特徴と治療回数の目安

  • 健康な方でエイジングケア目的の方は、月に1~2回
  • 病気の治療目的では、週に2回程度の治療をおすすめします。

血液フォトセラピーは、こんな方にお勧めです。

エイジングケアを希望される方

  • 免疫強化
  • 循環改善効果
  • 抗酸化強化
  • デトックス効果

など多彩な効果により、いつまでも若く健康でいられるでしょう。

病気の治療(各種の疾患に効果が認められています)

  • 片頭痛
  • 気管支喘息、気管支炎などの咳
  • 各種のがん(特に肺がん)、悪性リンパ腫、白血病
  • 糖尿病、糖尿病性網膜症
  • ウイルス性肝炎、HIV、帯状疱疹などのウイルス疾患
  • 下肢静脈瘤、レイノ-氏病
  • 動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞
  • 傷の治癒力を促進
  • 線維筋痛症
  • 慢性腸炎
  • その他

血液フォトセラピー(血液紫外線照射療法)の流れ

1段階

血液フォトセラピーの流れ 1段階

約50ml血液を注射器で採取します。100ml生食水に採血した血液を混ぜます。

2段階

血液フォトセラピーの流れ 2段階

点滴で血液を体内に戻すため、点滴台にセットされます。

3段階

血液フォトセラピーの流れ 3段階

この際に、約20分間紫外線照射をします。

4段階

血液フォトセラピーの流れ 4段階

紫外線照射の終了した活性化血液が体内に戻されます。

5段階

ご希望により、血液循環点滴などの追加で、相乗効果を狙います。

血液クレンジングとの比較

即効性では血液フォトセラピーがやや優れますが、持続性はやや劣ります。
そこで、基本的には血液クレンジングを主として行い、疲労などの症状が強いときには即効性のある血液フォトセラピーをされることをお勧めします。

血液フォトセラピーの作用効果(作用機序)

  • 抗感染作用:細菌、ウイルスを不活性化
  • 鎮痛作用:痛みの元であるプロスタグランジンを抑制
  • 免疫機能の強化:リンパ球の増加と調整
  • 酸素の供給量を増加:赤血球の酸素運搬能力を増強
  • 抗酸化力の強化:老化防止、病気の発症抑制
  • 抗炎症作用:副腎皮質ホルモンの働きを活性化
  • デトックス効果:さまざまな毒素を分解
  • 血管拡張作用:末梢循環が改善
  • 抗がん剤の副作用軽減:放射線療法や化学療法から保護
  • 代謝の亢進:コレステロール、尿酸、糖代謝を促進

定期的に血液フォトセラピーを受けることで、自然治癒力が強化され病気の予防や病気の治療になり、健康感もアップすると思います。

血液フォトセラピー(血液紫外線照射療法) 施術価格

血液フォトセラピー(血液紫外線照射療法) 施術価格
血液フォトセラピー
(血液紫外線照射療法)
UVC トライヤル ¥ 10,000.-
1回 ¥ 14,000.-
併用料金
血液クレンジングを併用した場合 1回 ¥ 7,000.-
点滴(8000円以上)を併用した場合 1回 ¥ 10,000.-
UVB&C トライヤル ¥ 12,000.-
1回 ¥ 16,000.-
併用料金
血液クレンジングを併用した場合 1回 ¥ 9,000.-
点滴(8000円以上)を併用した場合 1回 ¥ 12,000.-

※価格は全て税別です。

ページのTOPへ移動します。