腸の健康はまさに「健康の基礎」

腸内環境は食生活を含む生活習慣に左右され、加齢によって次第に悪くなります。この腸内環境を理想の状態に保つことが、腸の健康だけでなく老化防止やアレルギー改善など体の健康維持にとても重要なことが次々と明らかにされています。
コロンハイドロセラピーは、この腸内環境を整える療法として特に欧米では一般的行われている療法です。腸内の汚れを洗浄することで、腸壁細胞と腸内細菌叢のバランスを整え、腸壁からの栄養・水分の吸収を活発にします。腸内環境改善により、悪玉細菌叢の異常増殖に起因する有害物質の発生を防止、老化や病気の防止、肌の改善もみられるようになります。

コロンハイドロセラピーの概略

腸内洗浄 コロンハイドロセラピー 様子1
腸内洗浄 コロンハイドロセラピー 様子2

殺菌した温水を使用して腸内を洗浄するシステムで、マッサージと洗浄を繰り返します。苦痛もなくリラックスして行える安全な治療です。治療は、直腸から盲腸までの大腸全体を洗浄致します。
便秘は、昔から健康と美容の大敵と云われます。腸壁にこびりついた宿便を排泄することで、腸と身体の健全化につながり、美容にも効果が期待できます。
欧米の女性たちは、腸内洗浄に積極的で、イギリスの故ダイアナ妃が腸を洗浄していたことは有名な話です。

こんな方におすすめ

  • 便秘による諸症状
    口臭・舌苔・頭痛・肩こり・食欲不振・不眠・イライラ
  • 疾患から生じる便秘
    甲状腺機能低下症、脳血管障害の後遺症、薬剤使用からの便秘
  • 頑固な便秘で悩んでいる
  • お腹のガスが多く臭い
  • 下腹が張りやすい
  • 体臭が気になる
  • お腹が冷える
  • 代謝が悪く太りやすい
  • 低体温で冷え症
  • 吹き出物、たるみ、シミ、肌荒れがある
  • 栄養の吸収が悪い
  • 小じわが増えて肌のはりが無い
  • アレルギー体質、アトピー体質
  • 免疫が低下している

など。

コロンハイドロセラピーの流れ

STEP1 カウンセリング

医師と専任看護師のカウンセリング。血圧、体重。

STEP2 腹部マッサージ

専用ユニホームに着替えて、腹部全体のマッサージをします。

STEP3 スぺキュラの挿入

専用のスぺキュラに潤滑剤を塗り、直腸に約5~6センチ静かに挿入。

STEP4 腸内へ注水~洗浄

直腸から微温水(37度前後)を注入し大腸全体が満たされます。流量は、腹圧を見ながらコントロールされています。ゆっくり腹部マッサージを行います。

STEP5 腸内の洗浄~排水

腸内の便は、腸に注入された水と共に排水ホースから排出されます。この注水から洗浄、そして排水のサイクルを5~6回繰り返して、腸内をきれいに洗浄します。

STEP6 治療の終了

スペキュラを抜いた後に、トイレでご自身で残った水を排出します。最後に体重をチェックして、着替えと水分補給で終了です。

コロンハイドロセラピー 施術価格

コロンハイドロセラピー 施術価格
コロンハイドロセラピー 1回 ¥ 22,000.-
5回セット ¥ 100,000.-
10回セット ¥ 198,000.-
お勧め検査
腸内フローラ検査
フローラチェック ¥ 27,000.-

※価格は全て税別です。

コロンハイドロセラピー Q&A

Q 長年、慢性便秘で悩んでいますが、何故効果があるのですか?

コロンセラピーは水を注入して、自力の排泄を促し、また大腸が持っている嬬動運動を促すので、便秘は次第に改善される良い作用もあります。

Q この治療は、下剤より身体に良いですか?

下剤は化学的刺激剤で、大腸の筋肉を刺激して強く収縮させて強制的に排泄を促します。そのために、大腸は下剤に頼るようになり、便秘はますますひどくなります。

Q 便便秘とニキビで悩んでいます。大腸の汚れが無くなるとニキビが良くなるでしょうか?

便秘ですと大腸に宿便が増えてきます。宿便は腸の壁細胞の死がいや細菌などが混ざった古い便で、大腸壁にこびり付いています。腸内の汚れを取り除くことで、腸壁細胞は正常化し腸内フローラのバランスが整うので、腸粘膜の本来の機能である吸収も活発となります。腸内細菌叢は次第に健康的なバランスを取り戻すと、大腸の調子も良くなり腸内環境が改善されて、体調だけでなく、肌の改善も見られニキビなどが出来にくくなります。

Q セラピーに使う器具の消毒はどうしてますか?

患者様に使う器具はすべて消毒済みのディスポーサブル(使い捨て)を使用しています。また、治療装置には廃棄水が給水の方への逆流を防ぐ機構が付いていますので、治療中汚染の心配もありません。

Q 治療時間はどれぐらいでしょうか?

実際の腸内洗浄の時間は約40分ですが、全てで1時間と思ってください。

Q 検査前に食事は食べても良いですか?

お食事は治療の2時間前までにお済ませください。出来れば前日から、消化の悪いものはお控えください。

ページのTOPへ移動します。